有限会社道建設(たおけんせつ)

リフォームを広島県(広島・廿日市)でするなら
広島市の住宅新築・リフォームの「有限会社道建設」

現場ブログ

2015年6月17日

関連タグ:

全面改装・増築 土間と離れで暮らしを楽しむ 5

こんにちは。現場担当住岡です。

前回は、大工工事の1階の床貼を紹介しましたが、
今回は、2階の床貼を紹介します。

床には杉の足場板を採用しています。
P1260702

事前に塗装を行っていますが、落ち着きのあるいい色に仕上がっています。

色は塗装サンプルを作成し、打合せを重ね決めました。
ちなみにサンプル板の下に写っているのは、足場板を利用した事務所の床です。
何年か後には、この事務所のように今とは違った表情になっていると思います。
時間とともに味わいを楽しめるのも無垢材のいいところですね。
P1260934

1階の床は下地合板を貼っていますが、
2階の床は下地合板を貼らず、仕上げ材の杉足場板をそのまま貼っていきます。

その理由は、
P1260709
足場板の裏がそのまま1階の天井となるからです。

次に、階段の設置を行いますが、
その前に土間に大きな石を据え付けていきます。
P1260715

P1260743

さて、この石は何になるのでしょうか?
次回、紹介したいと思います。