有限会社道建設(たおけんせつ)

リフォームを広島県(広島・廿日市)でするなら
広島市の住宅新築・リフォームの「有限会社道建設」

現場ブログ

2015年6月29日

関連タグ:

全面改装・増築 土間と離れで暮らしを楽しむ 7

こんにちは。現場担当住岡です。

大工工事は、現在、下地材を組んでいる工程で、
床-天井-壁の順番で進んでいます。

今回は、天井と壁の下地についてUPします。

天井は水平になるように高さを測定し、
決めた位置に野縁(のぶち:下地材)を組んで石膏ボードを貼ります。
P1270027

石膏ボードで塞ぐ前に重要な仕事があります。
屋外に接する壁・天井の内側に断熱材を入れる事です。
P1260965
隙間なく綺麗に入っています。
断熱効果を低下させないために隙間なく敷くことが重要です。

天井の一部は解体せずに既存を利用する部分がありますが、
既存の断熱材の上に新たな断熱材を敷き並べることで
確実に断熱効果を確保できるようにしました。

壁も石膏ボードで塞ぐ前に断熱材を入れていきます。
P1260925