有限会社道建設(たおけんせつ)

リフォームを広島県(広島・廿日市)でするなら
広島市の住宅新築・リフォームの「有限会社道建設」

現場ブログ

2013年10月22日

佐伯区H様邸 

こんにちは大賀です。

木造2階建のH様邸は2階部分が生活の主となる計画です。

課題として、断熱性能の向上がまずあがってきます。

「夕方には西日があたってむんむんするのでどうにかしてほしい。」

お客様よりそのような要望もありました。

まず天井部分にグラス天井断熱ウール(硝子繊維でできた断熱材)を施工します。

 

IMG_1009[1]

P1230168

 

 

 

壁部分は既存の土壁を残しNDボード(石膏ボードにウレタンを張り付けた断熱材)を施工します。

 

 

 

131002-03

 

 

 

 

 

 

床には根太の間にフクフォーム(発泡成形された断熱材)を敷き詰めます。

 

 

 

 

 

部位、状況に応じた断熱材を選定する必要があります。ここで施工上気を付けなければならないことは、隙間をなくすことです。隙間があればそこから冷暖気が抜けてしまいます。せっかくの断熱が台無しになることもあります。

 

 

もうひとつ、西日対策として西側に水廻りを配置(UBなど)します。

そうすることで居住空間の断熱向上を図ります。

 

断熱性能を向上するために様々な製品を使って、あらゆる方法の中から最善の選択をおこなう必要があります。

 

まだまだ勉強することがたくさんあります。・・・頑張ります。