有限会社道建設
お問い合わせ

スタッフ紹介

Staff

道本 聡Michimoto Satoshi

道本 聡

出身地:広島県広島市
最終学歴:広島県立広島観音高等学校卒業
     東京理科大学理工学部建築学科卒業
資格:一級建築士
   宅地建物取引主任者
趣味:ゴルフ・囲碁

<建築に対する思い>

社会に出て就職したのは在来木造建築の会社だった。

上棟が終わり建ち上がった姿を見て木組みの力強さ美しさに感動したものだった。

ところが仕事が進んでいくうちに外壁が塗られ、室内はボードが張られ木材は全て覆いつくされていき、味気ないものになっていくのを感じていました。

大工のキザミや墨付けの技術にも感動しましたが、これらもプレカットという技術が現れ、近年の若い大工はその技術を習得せずに木工事に携わる者が殆どになりました。

そのころから大工技術の衰退の危機感を感じ、漠然と木工事の技術を将来に残していきたいと思うようになりました。

そういう思いがあったからか、古民家再生という仕事に出会うことになりました。

もちろん、その他現代工法の木造住宅やマンションなどの大規模なリフォームにも木工事の技術が欠かすことは出来ません。

そういう技術や理念が貴重な資源の循環に繋がっていると信じています。

國岡 拓也Kunioka Takuya

國岡 拓也

1955年11月5日生まれ O型
広島県立広島工業高等学校卒業
(昭和49年卒)

二級建築士

座右の銘

『期待値以上の感動』

プライベートを語る

プロ、アマ問わず、スポーツ観戦が大好きで、特にわが広島東洋カープについてはシーズン中、オフに関わらず目が離せません。
負け試合の翌朝は新聞を取りに行く足が重いこと・・・。
孫も女の子ですが、家内同様に何とかカープファンになってもらうよう努力しております。

現在の仕事内容

現場管理

仕事でやりがいを感じるとき、仕事への思い

永く建築の仕事に関わっておりますが、住宅建築は様々なエッセンスの集大成だと思っています。どんなに検討を重ねプランを工夫しても、お客様が100%満足して頂ける事は難しい。しかし、これから毎日の生活をされるお客様の立場に立って、その努力を続けることが大切であると考えています。

今後のビジョン

40年前、私が社会人1年生の時、建築物に求められていた内容と、これから近い将来ごく当たり前になるであろう0エネルギー、スマートハウス等の先端技術のノウハウを駆使したものとでは似て非なる物の様な気がしますが、それらを常に吸収、反映していく事。

一方では、「家族の絆」が幾世代も受け継がれていける家造りを目指していきたいと考えております。

道本 香織Michimoto Kaori

道本 香織

1966年5月23日生まれ
広島県立皆実高校
広島県立保育専門学校

座右の銘

『笑顔』『前向き』

ついつい顔をしかめたり、後ろ向きな考えになりがちなことが多いのですが、これは気を付けて守るようにしています。

プライベートを語る

今は子どものミニバスケットボールの応援が楽しくて、大声で応援(発散?)しています。

現在の仕事内容

事務、経理

仕事でやりがいを感じるとき、仕事への思い

お客様にお会いすることはありませんが、お電話は私がとることが多いです。
「ありがとう」と言われると、「あー みんなが頑張っているんだなぁ」と感じ、私もやる気になります。

大賀 渡Oga Wataru

大賀 渡

1978年12月14日生まれ B型
広島工業大学環境学部
環境デザイン学科卒業(平成13年卒)

一級建築施工管理技士

座右の銘

『今日頑張ったご褒美に明日がやってくる。』

プライベートを語る

岡山産まれ岡山・広島育ちの私は、2つの土地を楽しんできました。田舎産まれのため、趣味はと聞かれると「釣り(バスフィッシング)」と答えていましたが、最近では全く足を運べず、すっかり過去の趣味になってしまっているのが現状です。自然の澄んだ空気を感じながら、ただ水中の魚の動きを考えることに集中して時間が過ぎていく。その感じが癖になります。・・・そろそろ行きたいです。

そして最近は、定期的に学生時代の友人と酒を交わしながらそれぞれの近況を聞くのが楽しみになっています。そこでいろいろな刺激を受けたり共感したりと、良いリフレッシュの場が確保できていると思っています。

現在の仕事内容

現場管理・営業

仕事でやりがいを感じるとき、仕事への思い

人生の大半を過ごす住空間をより良いものにと様々な面でサポートさせて頂き、後世にのこるものとしての「いい家」をお客様とともに創造していくことが私たちの務めであります。 中でも、計画から竣工に至るまでの間にお客様にワクワクして頂ける、良い思い出づくりができるように工夫していくことが大切で、そのために学び、想像し、努力を積み重ねていく。 その結果がやりがいへと繋がり、お客様との良いご縁となると考えております。

今後のビジョン

建築における新しい技術と古き良きものをどのように融合できるか。豊かな暮らしのための機能をもつ住空間とはどういうものなのかを日々模索していくことが必要であると考えます。 そして重要事項として今後起こり得る自然災害に対して何をすべきかを考え、より良い提案ができるように努力をすべきだと考えております。

細谷 由梨奈Hosoya Yurina

細谷 由梨奈

1991年6月30日生まれ
近畿大学工学部建築学科卒業

座右の銘

『ずぶとく、でもしなやかに楽しく』

プライベートを語る

お仕事中はシャキシャキしているように見られがちですが、お家では美味しいお茶を入れて甘いもの片手に、日向ぼっこしながら本を読んだりうたた寝したり~幸せです^^友達と時間が合えば、一緒に飲んで食べて話をして・・・最近は近くにいる友達ばかりではないのでテレビ電話でお酒を酌み交わすこともある現代っ子ですW

現在の仕事内容

営業・広報・CAD

仕事でやりがいを感じるとき、仕事への思い

お客様のお話をしながら理想の物を作り上げている過程がとてもわくわくします。

今後のビジョン

お客様との出会いや新しい課題の中で小さな知識や気付きを重ねてたくさんの引出のある建築屋になれるよう精進します。

山本 慧Yamamoto Kei

山本 慧

1993年12月28日生まれ
広島工業大学工学部建築工学科卒業

座右の銘

『水は低きに流れ、人は易きに流れる』

プライベートを語る

ストレスが溜まりに溜まった時はよく菓子を作ります。タルトやクッキー、シフォンケーキにドーナツなど、時間があった時は餡子を小豆から炊いて作った時もありました。自分が望んだものを作るというのはストレス発散にとても良いです。甘いモノなら尚更良い!

現在の仕事内容

現場監理・CAD

仕事でやりがいを感じるとき、仕事への思い

私たちが仕事で扱うのはお客様がこれからの人生を過ごす家、仕事場などです。かかる費用は大きく、生活に関わる時間も長いです。生半可なものを受け渡す事は出来ません、私の持てるモノ、自分が分からなければ調べ、求め、聞いて、より良いものを作らなければならないと思います。

今後のビジョン

未だ分からないことの多い未熟者なれど、いっぱしの現場監理者になれるよう、様々な人たちから学び成長していきたいと思います。